スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

宮沢 有紀寧 パート7

25日

今日もまたまた春原と一緒に資料室に。

しかも、このまえ話ていた、宮沢の友達が今日遊びにくるとのこと。

春原は笑顔になり、宮沢と同じように、性格がよくてかわいい子だよね?と問いかけます

朋也:おまえ、すんげぇスケベな

春原:男は誰だってスケベなんだよっ!つーか、お前も期待しているはずだ!


春原:そこの君も、そこのあんたもっ!

誰にいってんだww

↓ネタバレのため、続きをみたいかたは、続きを読むをクリックしてください

にほんブログ村 ゲームブログへ
↑よければ応援おねがいします|´∀`●)

続きを読む

スポンサーサイト

テーマ : 美少女ゲーム
ジャンル : ゲーム

宮沢 有紀寧 パート6

24日

また春原が遅刻し、4時間目が終わっても まだ登校してきません

少し、本当に少し気になった朋也は廊下のほうを見てみると

閉められたドアの向こうに春原が立っていました

朋也はドアは近づいていくと、いきなり機械音がww

春原:ピーガガガピー・・・・

春原:岡崎かっ、こちら春原。そっちから僕が見えるか?

朋也:むちゃくちゃ見えるよ

春原:そうか・・・久しぶりだな

朋也:1日ぶりな

春原:ここで、重大な話だ。僕はもう・・・地球には帰れなくなった

朋也:あ、そ

春原:ここに残り、隕石を破壊するためのボタンを手動で押さなくてはならない

朋也:早く押しちまえ

春原:今、思い出してるのは、おまえと過ごした学生生活の日々だ・・・

朋也:早く押しちまえ


ちょwwwわらかすなww

春原:おまえと学食で食ったカツ丼、うまかったなぁ・・・もしも叶うなら、もう一度食いたかった・・・

春原:なぁ、岡崎、約束してくれるかい。

もし・・・どこかで、また出会うようなことがあったら・・・

そうしたら、ふたりで学食に行ってくれるかい

そこで・・・カツ丼をふたりで食べてくれるかい

また、キツメの冗談で、僕を笑わせてくれるかい

朋也:押しまくれ。16連射に挑戦して、1秒間に16回爆発しろ

春原:はは、やっぱりおまえは、楽しいやつだったよ・・・

そろそろ時間だ。岡崎・・・

そして、地球よ・・・


すぱーーーーーんっ!

杏がいきなり入ってきて春原が叩かれたwww理由は邪魔だそうでw

この会話を全部聞いていたらしく、バカの一言

朋也は一緒にするなっと言いますが、あなたがやらしてることなんですけどねw

そしてパンを食べ終え、また資料室に向うのですが

さすがに、朋也も毎日いくと友達とかいいのかな~と気になりはじめます

すると春原が、直線本人に訊くらしく、資料室にむかうことになります

そして3人で椅子にこしかけ、本題にもっていく春原

春原:性格が暗いわけじゃないのに、いつもひとりで本を読んでいるの?

宮沢:そうですね。

春原:友達いないとか?

宮沢:お友達はたくさん居ますよ

春原:じゃ、なんで、こんなところにひとりで居るのさ

宮沢:そうですね・・・わたしのお友達は、別の学校にたくさん居るんです

その方たちが、たまにわたしに会いにきてくれるんです

だから、この場所にわたしは居ることにしてるんです

春原:つまり、ここで会ってるってこと?

宮沢:はい、そのとおりです

朋也:それって、放課後になってからやダメなのか?

宮沢:みんな、授業問わず、会いにきてしまうんですよ

1年の時は、それで周りの人たちに迷惑かけてしまったりしたので・・・

今は、会う場所はここに決めて、休み時間はできるだけ居るようにしているんです

朋也:どんな友達だよ・・・熱烈な連中だな・・・

宮沢:みんな、いい人たちですよ


会ってもないのに、春原は有紀寧ちゃんの友達なら、いい人っと納得してしまいますが

授業さぼってまで会いにくるくらいだから、なんかありそうだけど・・・w

そして、また おまいないをすることにw

今度は

春原:体育館に女の子とふたりきりで閉じこめられてしまう、おまじないとか

まーこれも本に載ってあるそうです・・wこの本リアルで売ってほしいなw

宮沢:閉ざされた体育倉庫にふたりきり。果たしてふたりは無事脱出できるか!?というおまいないなんですが

開かない扉ってのも怖いですが、春原はきっかけさえあれば、いいみたいで

さっそく おまじないですが

10円玉を縦置き、さらにその上に1枚置くというものw難しすぎだろww

春原は何度やっても成功せず、朋也はギザ10で成功してしまいます。

そしてその状態のまま

宮沢:スピイドノキアヌリイブスノゴトクと3回唱えてください

完璧に、キアヌ・リーブスっていうとるなw

朋也は3回呪文を唱え終え、そのまま一緒に閉じ込められたい人の名前を頭に浮かべて、10円玉が崩れおちれば、おまじないは完了みたいです

最初は杏の選択肢もありましたが、杏となら別の奴のほうが・・・

このとき春原の目が合い、10円玉は崩れてしまいました・・・あーあw

放課後・・・・・体育館でふたりっきりになった人物とは・・・・

春原:・・・・・・・・

朋也:・・・・・・・・

春原:・・・はは、照れるな

朋也:照れてんじゃねぇよ!単なる間違いだよっっ!!

てめぇが目の前に居たからだよ!pan>

まぁーいくら怒っても誰かくるまで、閉じ込められるふたりであったw

結局2時間 体育倉庫にいたそうですww

にほんブログ村 ゲームブログへ

テーマ : 美少女ゲーム
ジャンル : ゲーム

クラナドCLANNAD】空に光る【BGM】



いまも風子は元気になって、走り続けています

テーマ : おすすめ音楽♪
ジャンル : 音楽

宮沢 有紀寧 パート5

23日

昨日と一緒で春原はまた4時間目が終わって、昼休みに登校してきます

そこで、次からは☆俺を見つけるリアクションから入れ☆と約束しておいたのを春原が覚えていたらしく、やってくれますw

春原:あれ?岡崎じゃん、久しぶり!元気だったか?僕は元気にやってる

朋也:実はな、春原・・・・俺とおまえは、昨日も会ってるんだ

春原:知ってるよっ!

朋也:あのな、春原。半日会ってないぐらいで、人は久しぶりとは言わないだ

朋也:おまえが言えって言ったんだろうがっ!

朋也:え?そうだっけ?

春原:なんだよ、適当に言ってたのかよ・・・くそぅ、望み通りにしてやったのに・・・


もうオイラは春原の味方だw朋也のいうことは信じるなww

朋也:悪い悪い。次からはこうしてくれ

ホームランで離ればなれになる恋人のように

命を捨てて地球を救う宇宙飛行士のように

回想シーンだけで数巻にも及ぶ漫画のように


2番目にしとくかw

春原:いや、もう、わけがわかんないんだけど

朋也:おまえならできる

春原:いや、できたとしても、なんのためにそんなことをしなくちゃいけないんだよ

朋也:自然に俺が、よし、いくかっ!って答えられるようにするためだよ。決まってんだろ!

春原:本当だろうな。本当に、そんなので、自然にいくんだろうなぁ

朋也:そりゃ、おまえの演技によるだろうな

春原:演技してる時点で、不自然だと思うけどね


でも明日やってくれるそうですw早く明日になってくれないかな~w

昼はパンを食べ終え、自然と資料室へ向うようになっていた

そのために春原は、ぱさぱさのパンを選らんで飲み物無しで食べてるしww

サッカーやってるとき、試合前にパン食べて、水分とらずにプレイしてたら死にかけた思い出あるわ~w

資料室に入り、すぐに 有紀寧はコーヒーを作ってくれます

春原は1人暮らしなので、家庭ってかんじがしてとても気に入っています。
有紀寧ちゃんを家族に思えちゃうみたいです^^

朋也:そっか。おまえ、孤児だったもんな

春原:勝手に設定作らないでくれますかっ!

宮沢:そうですか、それはさみしいですね

春原:いや、まぁ、別に仲良くないし

朋也:そういや、マザコンなんだっけ?

春原:いつか話したみたいに言わないでくれますかっ

宮沢:家族は大切ですよ。仲良くしてくださいね


ほんま漫才みたいな会話だな~w

そして、恒例のように今日もおまじないをしてくれるそうです

昨日、ひどい目に遭ってるのによくやるよな~w

春原は『あれはたまたまだ』っと、とても 有紀寧を信じているようですね。

しかし・・・・
有紀寧

ケツ!!!www

さすがに春原は断りましたが、他のおまじない

そう・・・僕のことが好きな子がわかるっておまじない、ない?

こんな都合のいいおまじないあるのか?っと訊くと

バッチリあるそうです・・・w

宮沢:いいですか?今から言う呪文を唱えた後、校舎の廊下をぐるり一周してきてください。その途中で一番最初に話しかけられた人・・・それが、あなたのことを思っている人です

それでは、両手の親指と人差し指でハートマークを作ってそれを胸に当ててください

春原:こ、こう?

宮沢:はい、結構ですねぇ。

そして、オモイオモワレフリフラレ、と三回唱ええてください


どう考えても成功しなさそうな、おまじない なんですがww

3回呪文を唱えて、春原は自信まんまんで廊下に出ていき、待つこと10分

春原は肩をおとして泣いていましたw

しかも、校舎を5週もしてきたそうです、だから帰ってくるのが遅かったのねw

自分だけさみしい思いになるのが嫌なんで、朋也にも行ってこいと

しかたなく朋也もいくことになります。

そして同じ呪文を3回唱えて廊下を出てすぐに、女の子2人がいましたが、目が合うこともなく終了

渡り廊下を通って、新校舎に。

すると・・・生徒ではない美佐江さんに話かけられた(*・ω・*)!!これはまずいのではw

その後

宮沢:おかえりなさいませー

朋也:ああ、ただいま・・・

春原:その落ち込んだ様子だと、僕と同じ結果だったみたいだねぇ。ま、寂しいもの同士、これからも仲良くいこうぜ!

朋也:(ああ・・・なんと、春原が哀れに見えることか・・・。

春原:なんだよ、目を潤ませやがって、泣くようなことかよっ。
ほら、僕はいつだって、おまえの隣にいるぞっ

朋也:(ああ・・・おまえには俺しかいないんだな・・・。)


春原(*ノωノ)

にほんブログ村 ゲームブログへ

テーマ : 美少女ゲーム
ジャンル : ゲーム

宮沢 有紀寧 パート4

22日

昼間から登校してきた春原

その一言めが、

春原:昼は、今日も、学食?

いままでずっと居たみたいに言いやがってw

同じ気持ちだった朋也は、それが嫌みたく、ちゃんと前振りをしてから昼を誘えとのこと

そこで、次からは

☆俺を見つけるリアクションから入れ☆

どんなリアクションすればいいんだよって春原

朋也:あれ?岡崎じゃん、ひさしぶり、元気か?俺も元気だ、みたいなさ

確かに見つけたっぽい前振りなので、次からはそうしてくれるそうですw明日が楽しみだなw

っでこの後、パンを食べ終えて

春原:食後には何かが欲しいね

朋也:生きる希望?

春原:足りてるよ!


www

食後といえばコーヒーに決まってるだろ!学生時代そんなこと思ったことないな~w

春原:ただでコーヒーを飲める場所といったら、ほらあそこだよ

朋也:ああ・・・富士の樹海?

春原:だから、生きる希望は足りてるよ!!!


どうしても、そっちの方向にもっていくか朋也ww

その後一緒に資料室に向かい、コーヒーを入れてくれる宮沢さん

みんなで机にすわりコーヒーを飲みながら、また おまじないをしてくれます

春原:なんかさ、女の子が、エッチな気分になる、おまじないとかない?

宮沢:そういうのはありませんが。自分の男の色気に気づかせて、惚れさせてしまう、というおまじないです


やり方を教えてもらい、杏に試すことになります。死ぬぞ春原www

春原:杏ー!藤林杏はいるかーー!!

返事のまえに、和仏辞書が春原の顔面にヒットしたあああww

朋也:春原・・・生きてるか?

春原:へ・・・へへ・・・さすがは藤林杏だぜ・・・野生の獣か・・・。ふふふ、ハンターの獲物として申し分なしさ

杏:なにわけわかんないこと言ってんのよ。悪い頭はとうとう腐ったの?

春原:(岡崎、ボクが呪文を唱える間、あいつの気を逸らしといてくれ)

杏:んで、なんの用?

朋也:え?あー・・・えっと元気か?

杏:あんたも頭腐った?


カチャカチャ・・・。

杏の死角になる位置で春原がベルトをはずしチャックを下ろす。

杏:って、あんた教室でなにする気よ!

ごきゅっ!!

朋也:ああ!呪文を唱える前に!

春原:って、このまじない普通に考えたらヤバくないッスか?


なんでいっつも実行してからきづくんだwww

杏は、とても可愛そうな目でみてきます・・・もちろん朋也も・・・w裏切りやがったw

春原はベルトをはずしてチャック全開で教室を出て行くのですが、低い声の生徒にぶつかりそうになり

社会常識とモラルが欠けてるから、連れていかれました

春原・・・きみのことは忘れないよ

春原:ぎゃああああああー

放課後、春原がテレビとビデオデッキを2年から借りれるらしく手伝いにいきます

春原:よいしょっ・・・よいしょっ・・・

朋也:ふぅ・・・ちょっと、離すな

春原:ぬおおおーいきなり離すな!

朋也:お、すげー。おまえ今ひとりでテレビとビデオデッキをもってるぞ!やればできるじゃん

春原:歩けねぇよ・・うわおとす・・・はやく・・・もってくれ・・・

朋也:目つぶしをしてみよう

びしっ。

春原:どわああああああああ

朋也:すげぇー目に指入れられても、堪えてらぁ

次はかん腸だ

ぶすっ

春原:あがあああああああああああーー!

朋也:すげぇ・・・おまえ、根性あるな


こんなことできる 朋也のほうが根性あるとおもうがw

春原:たのむっ・・・後でいくらでも・・・目つぶしでも、かん腸でもさせてやるから・・・

だから・・・いまは・・手伝ってくれ・・・・!

朋也:そうか・・・そこまで言うなら、仕方ないな。手伝ってやろう

ひょい。

春原:てめぇなぁっ!後で覚えておけよっ!

ぱっ。

春原:う・・・そ・・ですっ・・・おねがいっ・・・しますっ・・・

朋也:ほんと、逆らうなよ、てめぇ


朋也何様ですかww

無事テレビとビデオを部屋に運びこみ、休憩する間もなく

朋也:よし、まずは目つぶし、100回な

春原:失明するよ!

朋也:じゃ、かん腸、1000回

春原:穴があくよ!


オイラが中学生のころ、かん腸流行ってたんだけど、あれは痛かったな~^^;

にほんブログ村 ゲームブログへ

テーマ : 美少女ゲーム
ジャンル : ゲーム

宮沢 有紀寧 パート3

21日

宮沢 有紀寧と最近会ってるものの、まだどんな人物かよくわからないので

何かしってるか春原に質問してみるのですが

資料室にしばらく行ってないらしく、この話を辞めようとする朋也を見て

春原:ふん・・・なんかあるね

やっぱ春原って勘がするどいわ~~w

何もないと否定する朋也であったが、春原をだれも止めることはできず、資料室にいくことになります

宮沢:あ、朋也さん、今日も来てくれたんですね。いらっしゃいませです

これで春原にこの関係についていろいろ聞かれることになりそうですね^^;

春原:なるほど・・ついに、僕も岡崎の弱みを掴めたってことか

(*ノωノ)

まだ朋也と宮沢が2回しか会ってないのに、ここまでの関係になっている姿を見た春原は

春原:想像するだけで、くぉぉ・・・鬼畜だっ・・・・鬼畜の所業だぁ・・・

朋也:ちょっとそこどいて

春原の手を引いて、給湯器の前まで連れていく。

そして、給湯器の下に春原の手をセットし、ボタンを押した。

じょぼぼぼぼぼぼぼぼぼぼぼ・・・・

春原:え?

って、ぎゃ嗚呼あああああああああーーーー!!!!

春原・・・あなたダチョウ倶楽部をこえたよwリアクションおもしろいよw

朋也はあやまりますが

春原:謝って済む問題かああああああーーー!!!

まーそらそうだわなww春原くんが正しいよ

ただこれを見ていた宮沢は『ミスは誰にでもありますよ~~』

いやどうみても わざとですからww天然キャラだから許される発言だなw

朋也:おまえの手とコーヒーカップを間違えたんだよ

春原:似ても似つかねえよ

朋也:たまにしか使えないところとか、似てるじゃん?

ひどすぎるよーー岡崎wでも笑っちゃうよ~~ごめんよ~~春原w

この後2人はコーヒーを飲みながらまったりすると、さっきの騒ぎのことを忘れて

完璧にリラックスしちゃってます。なんだろうねー

宮沢マジックすごいな~~

朋也:ひとつ、試してみよう

朋也:春原はアホです

春原:はは、ったく、こいつはこんなことしか言えないのかねぇ

朋也:・・・みろ、この効力を、ぜんぜん怒る様子がない。

朋也:春原は校内一のアホです

春原:ははっ、まぁね、こんな学校じゃそうかもしれないが、いちいち言うなよ、そんなこと

朋也:・・・どうだ、大人の風格すら感じられるではないか

朋也:春原は宇宙一のアホです

春原:ははっ、宇宙一のアホか。それはある意味、誇らしいことだねー

朋也:・・・もはや無我の境地に達したか。

宮沢:お二人のお話を聞いていると、本当におかしいですね^^

朋也:まぁな。馬鹿だからな、俺達は・・・・・


春原:バカとはなんだ、このやろぉぉぉぉぉぉぉーーー!!

そこで怒るんかいwww!

またここで笑いがおこり、少し落ち着いたところで

春原は宮沢に、ここで何してるのか?って訊いてみる

みんなが読まない本が大量にあるから退屈しないで本を読めるからここにいるらしい。

そして立ち上がり、おまじない百科をもってきて、おまじないをしてくれます

宮沢:これで今日からあなたも、ラッキーガールらしいですよ

春原:僕達ボーイなんすけど

www

そしてページをめくり、ひとつためしてみることになります

宮沢:両腕を交差させて、右手の人差し指で左のこめかみを、左手の人差し指で右のこめかみを軽く押します

春原が言われた通りにする。

宮沢:それでですね、目を閉じて・・・・

イツモトナリデミテマス イツモトナリデミテマス イツモトナリデミテマス

っと3回心の中で唱えてください。

宮沢:はい、結構ですね

春原:これで、どうなんの?

宮沢:えっとですね・・・教室で隣に座っている方と両思いになれるそうですよ


春原:おまえとかよ!!
朋也:おまえとかよ!!


おまじないの効果か、ツッコミも息がぴったりだねww

春原:ちげーよっ!
朋也:ちげーよっ!


あまりにも気持ちわるいと思った朋也は、仲が悪いとこを証明するために、春原を殴ろうとしますw

春原:んな理不尽な理由で殴るな!

宮沢は一言

『おもしろかったですか?』

宮沢:つまりですね、私が言いたかったのは・・・勉強に役立つ本ばかりが並ぶ図書室とは違ってですね
ここにはこうしてリラックスできる本がたくさんある、ということです。

そう考えると、素敵な場所に思えてきませんか?


オイラなら毎日きたくなるね~~

春原もこの資料室と宮沢のことをとても気に入ったらしく、次いくときも誘えとのこと
勝ってに行けばいいだろうっと朋也

春原:いや、そこで抜け駆けしないのが、僕らの友情でしょ

朋也:あ、それ壊していいから

春原:軽く言うなよ!


おもろwww

にほんブログ村 ゲームブログへ

テーマ : 美少女ゲーム
ジャンル : ゲーム

宮沢 有紀寧 パート2

19日

昨日ラグビー部に捕まった春原が1時間目終わりに教室に入ってきますが

朝まで泣いてたみたいで、目が真っ赤っかwwよっぽどこわかったんやね~^^;

放課後、資料室を覗いてみると、宮沢が本を読んでおり、こちらに気づくと

いらっしゃいませっと口を動かして笑いかけてきます。

入ってくるまで本を読む気配が無かったので、中に入ります

そして一言目が

宮沢:コーヒーいれますね

|´∀`●)・・・・・・いちおう学校なんですがw

コーヒーを飲み始めると、ようやく宮沢は本を読み出しました

なんの本を読んでるのか気になった朋也は、どんな本を読んでるのか想像するのですが

それはまったく違ったものでした

宮沢:くすくす

笑ってるよwww

専門書などではなく、普通に漫画を読んでいましたw

それを見た朋也は口からコーヒーを吹き出してしまいますw

なんで資料室に漫画があるのかと聞くと、どうやら生徒が先生に没収された本などがここに置かれてるそうです

なら漫画とかいっぱいありそうですね~

朋也は毎日のように、春原の部屋で漫画を読んでいるので、あまり興味がなさそうでしたねw

外を見てみると、雲行きが怪しいので帰ることになります

どうやら朋也は宮沢と話をして、なにも気をつかわずに話すことができるこの場所がとても気にいってるようです

朋也は春原の部屋に勝手に入りこみ、

がちゃり【ドアのひらく音】

春原:ふぅ・・・・・・

春原:うわ!誰かいる!!

そらびっくりするわなw

今度は、コタツの中に隠れてて、いきなり足を掴んでやるからな

春原:こえぇよ!

次の日から春原部屋に帰るの怖いだろうなーw

春原:あーあ・・・やっぱ降ってきたなぁ。これじゃどこにも行けないじゃん
昼間っから、男と部屋ふたりきりなんてな・・・・

朋也:じゃ、出てけよ

春原:僕の部屋でしょ!


このやりとり好きやわ~w

朋也:ああ、だからふたりで、裸で雨の中を走るやばい人ゲームしようぜ
ジャンケンで負けた春原が、裸の雨の中を走るやばい人になるのな


またこのパターンかww

負けた春原って・・・負けた岡崎は!?

朋也:よーし行くぞ!

春原:え!!

朋也:ジャンケンポン

春原:よし、勝った!!2連勝!

朋也:早く負けて走れ!ジャンケンポン

春原:うわーついに負けた!

朋也:よし、いってこい

春原:くそぅ~恥ずかしいよ、やばい人だよ~


春原:っていくかあああーー!!

ナイスノリツッコミwww

にほんブログ村 ゲームブログへ

テーマ : 美少女ゲーム
ジャンル : ゲーム

宮沢 有紀寧 パート1

18日

3年ほど前まで図書室だった場所に寝に行く朋也

中に入って椅子にこしかけ目を閉じ、

しばらくするとチャイムの音で起きます

そのとき1人の女性が入ってくるのですが

店員さんみたいに『いらっしゃいませー』

朋也:『ホットコーヒー』

注文してみると、元気よく返事してくれました!wwまじですかw

学生のときホットコーヒーなんか飲んだことないよー!w

このあとに、またオムライスを注文してみますが、さすがに断られましたw

料理はだめそうなので今度は

朋也:じゃ・・・・カットで

もみあげは残しといてくれ

女生徒:あの~なんのことでしょう?

朋也のボケってほんますごいよな~おもしろすぎだろw

しかしまだまだ続きます、女生徒の手を取り、『踊りませんか?』

女生徒:はい^^

踊ってくれるんかい!どっちもボケキャラなのか?w

どうやらこの子が、宮沢 有紀寧のようです。

こちらの名前を教えるのですが・・・早苗さんばりに天然キャラでした・・・・w

宮沢:よろしければ、お名前、お聞かせ願えますか?覚えておきますので

朋也:覚えておかなくてもいいよ

宮沢:いえ。人の顔と名前を覚えるのは、自信ありますので。これまでも、たくさんの方の名前を覚えてきたんですよ

朋也:岡崎

宮沢:下は?

朋也:下まで言わないといけないのかよ

宮沢:はい。お願いします

朋也:朋也

宮沢:ありがとうございます。蛭子朋也さんですね


ぜんぜんちがうしww早苗さん第2号だよーw

この後名前は覚えてもらえましたが、へんな通り名つけられるし・・・

宮沢:岡崎朋也さん、通り名『千のかさぶたを持つ男』でいいですか?
朋也:通り名なんてない!

宮沢:ああ、失礼しました。他のかたとごっちゃになってしまいました


一体どんな人と付き合ってるんだこの子は?

この後チャイムが鳴り授業があるため宮沢は出ていきますが、宮沢にしっかり、コーヒーごちそうさまっていう朋也

ほんま素敵です

朋也はまだここの床で寝るようですw

何時間たったか目を開けて時計を見ると、とっくに放課後になってました

女生徒:おはようございます

その声は宮沢 有紀寧でした。またコーヒーを入れてくれるようです

幸せ者め!

さすがに放課後なので朋也も帰るようですが

宮沢:またいらしてくださいね^^

どうやら明日から、宮沢に会いにいくためにここばかり訪れることになりそうですねw

その後、春原の学生寮の部屋に入るのですが、どうもうるさくしてはいけないようで

春原:いいか・・・今日は静かにしてろよ?

朋也:どうして?

春原:それは・・・・静かにする日だからだ

朋也:そんなルールが、この寮にはあるのか?

春原:だから声が大きいっての・・・

【大方、ラグビー部に対して居留守をつかっているのだろう。】

朋也:そんなの無視して、大騒ぎしようぜ。朝までフィーバーだ!

春原:やめてくれ!

朋也:ほら、いつものように、画びょうを踏んで大絶叫ゲームしようぜ

春原:したことねーよ!

朋也:よし、ジャンケンで負けた春原が、画びょう踏むのな

春原:負けた春原って・・・・岡崎は?

朋也:よーしいくぞ!

春原:え?

朋也:ジャンケンポン!

春原:よっし勝った!2連勝!3連勝!

って、僕が踏むまでジャンケンを続けるだけのゲームなんすかねー?

朋也:そうだ

春原:それってイジメですよね?


こっちはおもしろいけど、この後春原はラグビー部が部屋に入りこんできて、連れ去られていきましたwwかわいそうな春原w

にほんブログ村 ゲームブログへ

テーマ : 美少女ゲーム
ジャンル : ゲーム

光見守る坂道で ~渚編~

~~勇気をだして~~

~~3年生に進級した、その日の朝

職員室の前に貼りだされたクラスの割り当て票を見上げる

新しいクラスに話ができる人は、1人もいなかった・・・・

その日の放課後

下校生徒で賑わう廊下。~~

友達:こちら木村さん

新しいクラスで前の席になった子

~~友達の子に、1人の女の子を紹介される~~

渚:はじめまして渚です・・・えへへ

~~精一杯の笑顔で挨拶する~~

友達:木村さんと私、このまま買い物いくけど、渚ちゃんどうする?

渚:えっと・・・・・

~~考える・・・迷う・・・・~~

渚:道草いけないので、帰ります。

~~結局そう答えた~~

友達:ぷっ。そんなの気にしてる子、いまどきいないって。ほらいこうよ!

渚:う~~ん

~~迷う・・・考える・・・~~

友達:大丈夫だって

~~その言葉が私の背中を後押しする~~

渚:それでは、今日だけつき合わせていただきます

~~目をつむって、そう答えた~~

木村:あはは。そんなに力いれて~。古河さんって大げさだね【笑】

友達:おもしろい子なんだよ!渚ちゃん

~~私のことを話題に、歩きだす。すごく照れくさかった~~

~~デパートの中を3人で見てまわる~~

渚:はぁ~~もうドキドキします。先生に見つかったら怒られてしまいます。

友達:ほかにも、同じ制服の子いっぱいいるじゃん。あっほら、このワンピース絶対渚ちゃん似合うよ。試着してみて。

渚:試着までするんですか??すごくドキドキします。

友達:試着もせずに買えないでしょ~。ほら着てみて着てみて♪

渚:わたしは・・・見てるだけでいいです~

友達:いいから~~♪

渚:あ・・・・

~~胸にワンピースを押し付けられる~~

渚:はぁ~~

~~情けない声をあげて試着室へ。服を着替え終えて、カーテンを開けると同時~~

友達:先生きた!!!早く逃げるよ!!

渚:え・・・はわわわ

~~値札がついたワンピース姿のまま、デパートの中を走る。結局それは、私を騙す、嘘だったのだけど。

でも・・・楽しかった~~

ガンガンガンガン・・・・。

朋也:っで俺らは何してるんだ?

~~俺はベニヤ板を抑えながら訊いてみる~~

春原:入学式の準備だね~~。

~~カナズチでクギをうちながら春原が答える~~

朋也:なんでそんな事してんだ?

春原:それはバツですね~~

朋也:なんでバツを受けている?

春原:それは僕が授業中、カーテンで包まってる途中、先生に見つかったからだね~

朋也:おまえアホだろ?

春原:違う!!!!

僕は完全に気配を消して、隠れることに成功していたんだ!!けど・・!アイツが!!

杏のやつが・・・・!

先生!なんかカーテンの下から足が出てますけど~って!ちくりやがったんだよ~!!

朋也:おまえ・・・まぬけすぎるからな~~

トントントントン

朋也:っでどうして俺まで?

春原:お前も授業さぼってたんだから、同罪。

~~こっちは中庭で日向ぼっこしてただけだってのに、カーテンと隠れてたやつと同罪。嫌すぎる~~

春原:ニャーー!もう嫌だ!なんで僕のようなアウトローが、新入生の歓迎の手伝いをしてるんだよ!!

~~春原がカナズチを投げ捨てる~~

朋也:でも、生活指導の大口がしきってるからな~、逃げ出すとやっかいな事になるぞ

あと、自分でアウトローいうな!

春原:そうだ!岡崎

1つ罠をしかけておいてやろうぜ?

朋也:罠?

春原:ああ・・新入生をギャフンと言わせる罠。この学校は甘くないんだぜ、僕達みたいなアウトローがいることを覚えておきなって挨拶さ。

どう?

朋也:ま~~どうでもいいけど

春原:よ~~し、じゃーとっとと仕事を済ませちまおうぜ♪
ほら、ちゃんと抑えておけよ~~。気合いれていくぜーー!!!

朋也:律儀なアウトローだな

~~日もどっぷり暮れた帰り道。木村さんも別れたあと~~

友達:渚ちゃんも早く、クラスで遊べる子、見つかるといいね♪

~~そう彼女は振り返って言った。うんっと小さく頷いた。

彼女と木村さんは、これから仲良くなっていくんだろうな。同じクラスなんだから、そう思いながら1人家路に着いた~~

~~家の敷居をまたぐ。家はパン屋、いまは店じまいの最中だった~~

早苗:おかえりなさ~い

~~お母さんが手を止めて、そうむかえてくれる~~

渚:ただいまです~

秋生:おかえり~~。どうだ~~?親しいやつと同じクラスだったか?

~~くわえタバコのお父さんが、足を止めて訊いてくる~~

渚:いえ・・・やっぱりクラス分かれちゃってました・・・

秋生:じゃ~~新しい友達は?席近いやつと話さなかったのか?

渚:ぜんぜん話せなかったです。

秋生:がは!なんでそこでつっこんでいかないんだよ!

自己紹介していけよ!

俺だよ俺俺!そう渚!あんたの孫の渚だよ~事故ちゃって困ってんだよ~~

って つっこんでいけよ!!!

渚:それ・・なんか違います。

秋生:ぐあ~それくらいの勢いが必要だってことだよ

渚:2年のときも同じクラスの子と親しくなるのに、すごく時間かかったんです

今回も時間かかりそうです

秋生:テメ~~晩熟【おくて】だからな~~

早苗:話すきっかけがほしいんですよね~~

~~お母さんが助け舟を出しすように言ってくれる~~

渚:あ・・・はい。そういうのが無いと話せないです

秋生:じゃ~~とっておきの作戦を伝授してやるか

渚:え!そんなのあるんですか?

秋生:あ~~先生を間違えて、お母さん♪って呼んでしまって、恥かくことあるだろう?

それを応用してだな~、先生を間違えて~ウルトラの母!って呼ぶんだよ~

渚:もういいです・・・・

秋生:最後まで聞けよ~~!そうするとだな~!

みんなが噂をしはじめるんだ。古河さんって、もしかしてウルトラ関係の人?変身できるの?訊いてみようか~?

古河さ~~~~~ん

渚:夕飯作ります。

秋生:ありゃ

         ☆終わり☆

テーマ : 美少女ゲーム
ジャンル : ゲーム

古河 渚クリア♪

5月12日(月)
はじめて恋人同士になった休日。

商店街を歩いたり、学校にしのびこんで、部室にしのびこみます

そして黒板に2人の名前を書き込み、相合い傘を書いたり、とても幸せなカップルです

そして、夕方になり一緒に手を繋ぐと、妙に手が熱い渚・・・・

どおやら熱をだしてしまったらしい・・・

家まで送り、渚を看病してくれる早苗さん。

5月13日(火)
そして翌日にも熱がさがらなく、学校を休むことになります。

しかし、翌朝も熱が下がらず、かかりつけの医者も来てます。

そして、渚の熱が下がったら、手を繋いで一緒に登校しようっと約束をします

一週間・2週間が過ぎても、渚は学校にいけなかった・・・・

ずっと下がりそうで下がらない微熱が続く・・・

一度無理して登校しようとしたが、立って歩いただけで、熱があがってしまう・・・

5月が終わり、夏が近づいて 6月がきて衣替えをして・・・夏休みになっても渚は部屋にいた。

渚:わたしに構わないで、遊んできてください

朋也:いいんだよ、ここに居させてくれ

渚:こんなところに居ても、退屈です

朋也:退屈じゃない。こうして話できるだろ

渚:そんな夏休みってないです。楽しい思い出もできないです

朋也:楽しいんだよ、これで

渚:でも、もう話す話題もないです、わたしは寝てるだけですから・・・・

朋也:いいんだよ、話すことなんてなくても。俺は期待して待ってる。それを思うだけで楽しいんだよ

渚:何をですか

朋也:おまえと手をつないで歩ける日をだよ

渚:・・・・。他の人と・・

朋也:・・・ん?

渚:他のひとと手をつないで歩いてくれても・・・わたしは構わないです


そんなことを言う渚に朋也は怒ります。

渚はこんな彼女ではおもしろくない、かわいそうと思いそう言ったのです

そして手を繋いで歩くことは、まだできないけど、手を握り合い渚は眠りにつきます。

せめて、夢の中では、ふたりで歩けますように・・・・

(*ノωノ)泣

二学期が始まり、残暑の厳しい9月が終わり、秋の気配が近づく頃。

オッサンに呼び出され、古河家の話合いの場に会することになる。

話の内容は、もう1年・・・・3年生をやることになるかもしれないとの事・・・・・

このままだと卒業できないそうです・・・・

11月になり肌寒くなるころ、朋也は風邪をこじらせてしまい、しばらくの渚に会わないようにした。

12月もあっという間にすぎようとした、クリスマスは渚の誕生日だった。

ささやかなパーティーをした。俺、渚、早苗さん、おっさんの4人で。

ケーキを食べ、だんご大家族の人形をプレゼントをし、早苗さんが、だんご大家族を歌うと、みんなで歌った。

渚は楽しそうだった、歌い終わった後、渚はみんなに礼をいって・・・そして泣いた。

ありがとうございます、朋也くん、お父さん、お母さん…

こんなわたしのために…

こんな、じゃねぇ。渚、てめぇは俺たちの大事な家族なんだよ

おまえが幸せになれば、俺たちも幸せになれらぁ

だから、幸せになれ、渚

誰よりもな

はい、がんばります


はぁ~~ほんまええ家族やな~。ぜったい幸せになれるさ

その数時間前には、渚の留年が決定していた。

1月、2月…。初雪も見た。風邪をひかないようにと、うしろから抱きしめた。

3月・・・大切なものを残したままで、卒業式が終わった。

その後、古河パン屋の前で、デートで着ていた服を着て待っていた。

どうしても見たかったのだと、朋也くんの・・・最後の学生服姿

朋也:なぁ渚

渚:はい

朋也:俺、卒業しちまった。二度と、あの学校には戻れなくなったんだ。二度とかなえられなくなったんだ。

手を繋いでさ・・・校内を歩くこと。他にもいっぱいやりたいことあったんだ。
春だけじゃなくて、夏も、秋も、冬もさ・・・・

どんな時もさ、おまえとふたりで過ごしたかったんだ。

おまえとの思い出、たくさん作りたかったんだ。

学校なんて大嫌いだったけどさ・・・おまえとなら、いつまでだって過ごしたいと思ったんだ。

そんなこと思うなんて、思わなかった。ずっと腐ったような学生生活を続けてきて・・・それでも、おまえと過ごした一ヶ月だけはさ・・・

楽しかったんだ・・・・幸せだったんだ・・・・


大好きな人の前だからこそ、朋也はおもいっきり泣いた。

涙声になっても喋り続ける朋也。

でも言葉はでず、子供のように泣き続けた。

渚:朋也くん

朋也:・・・・・ なんだよ。

渚:手を繋いでもいいですか

朋也:なんでだよ・・・

渚:歩きたいです。朋也くんと手を繋いで歩きたいです

朋也:やめとけよ・・・また熱・・ぶり返すぞ

渚:大丈夫です。ちょっとだけです。いいですか

朋也:好きにしろよ

渚:はい。好きにします


朋也の泣き濡れた顔を見てもいっさい笑いもせずに、穏やかな顔で、そう渚は言った。

春の光の中をゆっくりと2人で歩く。

朋也:俺もやっぱり・・・留年するべきだったかな

渚:違います、朋也くん。そんなことで足を止めたらダメです。がんばれるなら、がんばるべきなんです。
進めるなら、前に進むべきなんです。


そう言った渚は、もう1年 学業をがんばると、迷いもなく言った。
でもずっと頑張り続けて・・・そして最後にはやり遂げたこいつだったから・・・・きっと、登っていける・・・

その先へ、歩いていける。

朋也:がんばれ渚

渚:はい
PSP

これにて渚編は終了です。クラナド攻略で一番記事が長くなってしまいましたが

とても温まるお話でした。家族愛 本当にすばらしかったです。

渚の今後の話は、また記事にしますので、もう少しお待ちください(*ノωノ)

にほんブログ村 ゲームブログへ

テーマ : 美少女ゲーム
ジャンル : ゲーム

家族のすばらしさ

5月6日(火)
昼休みはミーティング。創立者祭のために、それぞれの役割分担をきめることになります

ただ渚になにすればいいのか?っと聞くも

「わたしなにもわかりません」(*ノωノ)

春原:音楽って?僕、ピアノなんて弾けないけど

朋也:いや、生でなくていいだろ

春原:効果音は?爆竹とかでいいの?

朋也:そんなアクションシーンはないだろ

春原:照明って?体育館の照明のスイッチをパチパチ切り替えるだけでいいの?

朋也:簡単な照明だな おい

春原:おまえねっ!さっきから文句ばっかり言いやがって、どうしろって言うんだよ!

朋也:知るか、俺だって素人だ

春原:僕だって、素人だ!

渚:あの~わたしも素人です


こんなんで大丈夫なのか・・・・w

さすがにこのままだと話が進まないので、幸村先生に聞きにいくことになり

演劇に大切なみっつを教えてくれます

幸村:美術、音響と、照明だの・・・・

美術は、衣装や、舞台道具を用意する

音響は・・・あらかじめテープに編集しておいた背景音楽や効果音を流す

照明は・・・数種類のライトを使い分け、舞台を効果的に照らし出す


さすが幸村先生!これでなんとか役割分担きめれそうです

春原は照明係り『理由は照明っぽいからwwオンオフを繰り返すだけって単純さが合ってるからだそうでw』

朋也は音響に決まりました。

渚の劇にあう曲を探すことに。幸村先生にいわれかけつけてくれた合唱部の子たちが手伝ってくれます。
衣装作りは早苗さんが、作ってくれることになりました。

そして秋生が、演劇のビデオテープを借りてきてくれます。

その演劇のビデオテープを見終わると、渚は感動して泣いてしまいます

そのあと何度も何度も演劇を見て、眠ってしまいます。渚のためにみんなが動きだしてる姿っていいですよね~゚.+:。(*≧∇≦*)゚.+:。

5月10日(土)
音楽も決まり、リハーサルです。練習もすませ、その夜、渚が部屋にやってきます

渚は言います、自分は本当に2人に愛されていると、でも・・・謝りたいことがあるらしく、

それは自分でもわからないみたいです・・・ずっと知りたいのに、2人は教えてくれない

謝らなければいけないと思うのは、2人が昔の話をしてくれず、写真とかも見せてもらったことがない・・・

訊いても・・いつもはぐらかされて・・・だからです・・・

私に隠しているということは、それはわたしに気を遣っているということです

それくらいわかります・・・・

そういう時、お父さん、いつも優しくなりますから・・・

きっと、そこにはわたしが謝らなければいけないことが・・・隠されているんです

わたしは体が弱いですので・・・・そのことが関係しているんだと思います

知って、あやまりたいです・・・ずっとそうおもっているんです


朋也は、このときオッサンの言葉を思い出し考え事をしていた

--負い目をあいつに背負わせたくないんだ・・きっとあいつはこう思うだろう・・・自分のせいで、俺と早苗は夢を諦めたって・・・でも、あいつ、気づき始めてるんだ・・・そういうところには敏感だからな・・・--

しかし演劇前に話すこともないだろうと思い、この日は寝ることになりますが

渚は納得していないようで・・・部屋に戻ります・・・・

5月11日(日)

早朝、最悪なことがおきてしまった・・・

1階に降りると、渚が立っていた・・・・しかも机の上には、アルバムだったり、ノートだったり・・・

渚:知らなかったんです・・・・・・

それ以上の言葉は渚から一言もでなかった・・・・そして渚を布団まで運び横にさすも

寝息はまったく聞こえてこなかった・・・

着替えをするために、廊下に出るとオッサンがたっています。

秋生:ちっ・・・最悪の事態じゃねぇか、この野郎。居間に広げられていたあれはなんだ

朋也:渚が見つけだしたんだ。俺が見つけた時は手遅れだった

秋生:それで、渚は・・・・全部知っちまったんだろ・・・・

朋也:ああ・・・・

秋生:あいつ・・・また、学校に行かなくなっちまうのかな・・・・


壁に額を押しつけて、くぐもった声で言った

秋生:あんな元気にさ・・・学校行ってたのにな・・・くそぉ・・・

あんたはいい父親だ
あんたは父親として失格だ


もちろん、あんたはいい父親だ!この選択肢がでるまえに、オイラの中でもこの言葉が出ていました

朋也:あんた間違いなく、いい父親だ。あんたみたいな奴・・・なかなかいねえよ。だから時間が経てば、あいつもわかってくれる。

けどさ・・・・俺と渚は今日のために頑張ってきたことがあるんだ。

それだけは達成したい

秋生:ああ・・・・・そうか、演劇だな・・・・叶えてやってくれ・・・頼む


そして渚と一緒の登校をし、坂の下で足を止め訊いてきます

渚:朋也くんは知っていましたか。わたしのお父さんが役者をやっていたこと

朋也は知らなかった。舞台にでたりテレビで流れたこともあったらしい。

お母さんは学校の先生で、勉強を教えることが大好きだったみたいです

渚:写真やビデオで見るふたりはとても幸せそうでした

だって二人は夢を叶えていたんですから

そして、それはずっと続くはずだったんです


この先の言葉をきくのがすごい怖い・・・・でも口から言葉すらでなかった・・・・

渚:わたしさえ・・・・いなければ・・・・・

いや違うっという朋也、しかし続ける言葉が見つからなかった・・・・

そして開演まえ、渚に演劇が終わったら打ち上げしようぜ!っと元気づけるも

渚:はい・・・・・

そして開演、渚は舞台に立った

PSP
しかし・・・・いっさい言葉もでず、長い沈黙・・・

さすがに観客も異変を感じ、ざわめき始める・・・・

そして渚は泣きはじめた、ずっと堪えていた涙が溢れだした。

--人の夢を犠牲にして生きる自分。そんな現実を突きつけられ、どうしていいかわからない辛さ。

支えとなるすべてを失った辛さだった・・・。

そして、朋也は見ていられなくり顔を伏せたときだった・・・・

夢を叶えろ、渚ああぁ―――――――っ!

それは秋生の声だった・・・・おっさん(*ノωノ)

秋生:馬鹿か、おめぇは―――っ!

子の夢が親の夢なんだよっ!

おまえが叶えればいいんだっ!

俺たちは、おまえが夢を叶えるのを夢見てんだよっ!!

俺たちは、夢を諦めたんじゃねぇっ

自分たちの夢をおまえの夢にしたんだっ!

親とはそういうもんなんだよっ!

家族ってのは、そういうもんなんだよっ!

だから、あの日からずっと…

パン焼きながら、ずっと…

俺たちは、それを待ちこがれて生きてきたんだよ!

ここでおめぇが挫けたら、俺たちゃ落ち込むぞ、てめぇ――っ!

責任重大だぞ、てめぇ――っ!!


あかん・・・・また泣けてきた・・・・

秋生:早苗、居るんだろ、どこかに!おめぇも言ってやれぇっ!

早苗:渚ーーーっ! がんばれーっ!


早苗さんらしいや|´∀`●)でもすごい温かくて 元気のでる声援なのはたしか

そして朋也も叫びます。

いつしか渚は泣き止んでいた・・
PSP
~~幻想世界~~
動けなくなっていく彼女の身体。それでも僕はガラクタを集める。
しかし、人でない僕にはのりものを作る力はなかった。そして僕は思った。彼女が動かなくなってしまう前に、空の向こうに一緒に歩いて行こうと。そして、遠い…記憶の中にある場所までの旅が始まった。

5月11日(日)
そして、その話を続きを思い出します。

長い旅をして、その先で歌を歌うそうです

劇中に渚は歌を歌っていたのは合っていたのですが

だんご大家族を歌うとはWW

観客もひっくりかえっていたそうですw

このあとみんなで打ち上げをするとき、渚は普段の笑顔にもどっていた。

にほんブログ村 ゲームブログへ

テーマ : 美少女ゲーム
ジャンル : ゲーム

PSPクラナド:古河 渚

5月3日(土)
そして、渚が言っていた昔話を秋生に聞きますが、知らないとのこと

だが、もしなにかわかったら俺に言えと。

早苗さんにも聞きますが、知らないようです。

渚に訊ねると、世界で一人きりだった女の子が、ガラクタを組み上げて友達を作るという話。

何か手がかりがないかと、物置を探しますが、何もでてこず、秋生に止められてしまいます、何かあるのか??

5月4日(日
秋生と早苗さんが連休の最後の日何かするかと考えます

そしてクイズを出してきます。

俺と早苗が考えた連休最後の過ごし方とは次のうちどれだ?

1、ピクニック

2、ピクピク

3、ピクミ一族

さあ、どれだ


ピクピクってwそれは早苗さんのパン食べたときだけだろw

こんなわかりやすい問題でも、渚を悩みます・・・wまーみんなにつっこまれるわけですがw

そして夜寝るまえに、秋生が部屋に入ってきて、話があるそうで

昨日探していた物置のこと、そこにあるのは「秋生と早苗の過去」だそうです。

昔の写真・ビデオテープ・日記などなど。

夢を追いかけていたころの自分だと。それは同時に渚が見てはいけないものだという。

渚はかつて一度死にかけた。

失いかけてようやく二人は気づく、大切な娘をひとりぼっちにしていたことを。

渚の危篤を二人は神の罰と感じ、そして渚が再び目を開けたとき、二人はずっと渚の側にいようと誓い合った。慣れないパンを焼いたのもそのためだという。そして、夢を諦めた。そしてそれを渚は気づき始めていると。

もし渚が気づけばこう思うだろう、「私のせいで2人の夢をあきらめさせたと」

5月5日(月)
連休最終日でピクニックいく予定だったのに、朋也は書置きを置き、春原にいました

連休最後の日、家族水入らずで過ごしてもらうために、俺はひとり朝早くに古河の家を抜け出してきた

俺が他人の家族のために気を遣ったのだ。

春原「岡崎、何笑ってんの」

岡崎「あん?」

春原「なんか、楽しいことでもあるの?教えろよ退屈じゃん」

朋也「別に、なんもねえよ」

春原「ちっ・・・渚ちゃんに振られでもして、泣きにきたのかと思ってたのに・・・」

朋也「そんなことあるかよ・・・ただ逃げてきただけだよ。家族愛に当てられそうになってな。」

春原「家族愛?」

朋也「ピクニックだってよ。家族でもないのに俺もメンバーに入れられてた」

春原「そりゃ渚ちゃんの彼氏だからだろ?」

朋也「いや、まだ両親にはばれてないと思うけど」

春原「ま、仲がよければ同じころだろ。でも、んなことしたら、渚ちゃん、ショック受けるんじゃないの?」

朋也「ちゃんと書置きしてきたよ。用事できたから、みんなで行ってくれってさ」

春原「だとしても、だよ。自分のこと避けてるんじゃないかって、渚ちゃん、思うんじゃない?」

朋也「そんなの今更だろ。俺のことはあいつだって、よくわかってるよ」

春原「そうかねぇ・・・それ、おもえの自惚れなんじゃない?」

春原「俺は、おまえのひがみに聞こえるぞ」

春原「いや違うね。渚ちゃんは、いつだって不安に思ってるんだよ、自信がないんだよ。僕にはそう見えるけどねー」

朋也:違う。俺のおかげで、いろんなことに自信が持っててきたって、そう言ってくれてるんだぞ

春原「だからだろ?」

朋也「何が言いたいんだよ・・・」

春原「いろんなことに自信がついてきたのは、おまえのおかげ。おまえがいてくれるからなんだろ?

じゃあ、そいつがいなくなったらどうなるんだよ。いくら、いろんなことに自信がつこうがさ・・・おまえがいつまで自分のことを好きでいてくれるか・・・そのことだけには永遠に自信が持てないってことだよ。

僕には、これ以上わかりやすい説明は無理だね

けど、今の言いたいことがおまえにわからなかったら、おまえら長くねぇよ」

朋也「・・・・・・・・」

春原「ふわ・・・マジ、限界・・・寝ていい?」


春原はほんと、朋也の最高の親友だよな~~~

そして朋也は渚の家に書置きを取りにもどります、すると家のまえに待っていたのは渚。

どうやら秋生も書置きのことは言わずに、ただ探しに行けとしか言わなかったらしい。

時間も時間なのでピクニックは中止になり、ちかくの公園で弁当をひろげ、秋生は子供達と野球をし

早苗は応援をし、朋也と渚は、そっと手を繋ぎ こっそりキスするのである。

にほんブログ村 ゲームブログへ

テーマ : 美少女ゲーム
ジャンル : ゲーム

PSPクラナド:古河 渚

5月1日(木)
昨日の勝利のおかげか、朝から春原も登校していましたw

もちろん教室内ではバスケ部に勝った話でもちきりで、春原はとても嬉そうでしたw

そして今日は、演劇部の発表会の日です。

そこにいたのは合唱部。どうやら幸村先生に兼任してもらうということで、落ち着いたよう。

ただ部員が足りないから…と言おうとした渚に対して、春原は間髪入れず部員だよ、という。なんでいつもあなたは土壇場のときに こんなかっこいいことができるんだと毎回感心します(*ノωノ)

そして創立者祭に誘われますが、渚はもうすこし考えたいと。

っで放課後先生の呼び出しをくらう朋也。いまから家庭訪問にいくとのこと。

しかし朋也は渚の手をひっぱり逃げ出しますが、放送で呼び出しをくらう朋也w

渚も同行で一緒に職員室にいくことになり、先生と朋也は家までいくことになりますが

まだ父親は帰っておらず、家の前でまっている先生、そのとき朋也は逃げ出し渚に会いに行きますが

逃げてきたことがバレて家に戻ることにww

そして門前で話をしている父親と担任。
しかしその会話は朋也にとって辛い言葉だった・・・もはや他人同士の関係。

先生の質問に、『それは朋也くんがきめることです』

一番渚に見せたくなかったもの。

今にも崩れそうになる自分を支えてほしかったと・・・。
果たして自分は乗り越えていけるのだろうか?

5月2日(金)
これからしばらく渚の家にお世話になるので、朝荷物をまとめてると、父親が起き出します

話し相手がいなくなるから寂しくなると父親。あくまで他人行儀な親子。

そして最後に告げた言葉。「さようなら、父さん」。

朝、渚と一緒に家を出るとき、渚「行ってきます」。

渚に朋也くんも言ってくださいっといわれ、照れながらの『い・・・行ってきます』

早苗「行ってらっしゃい」

秋生「おう!いってこい」

早苗さんも秋生も何気なく送り出してくれました。

そして授業も終わり、自分の部屋に戻ると、なぜか小学生達がいっぱいいます・・・・

しかも荷物物色されているし・・w

どうやら、早苗さんはここで学習塾をやっており、これが本業だそうですw

昔先生をやっていたらしい。驚きだw

そして、夜渚の練習のお付き合いで公園にいくことになります。

劇の題目は決まっているか?と訊くと
渚はひとつだけやりたい話があるという。小さい時に聞かされた話。

世界にたったひとり残された女の子の話です

それはとてもとても悲しい…

冬の日の、幻想物語なんです

そして……


オープニングテーマの「メグメル」がはじまった!!

ここまでくるのに長かったなーwてかいきなりなんでかなり驚きましたよ・・・w

他のキャラにはオープニングなかったんだけどな~~・・w

にほんブログ村 ゲームブログへ

テーマ : 美少女ゲーム
ジャンル : ゲーム

PSPクラナド:古河 渚

4月25日(金)
恋人同士になった2人で朝登校します

すると、校門の前にバスケットボールを持った春原が立っていました

これでバスケ部に3on3で勝負をしようと、ハンデがあっても頑張るところを証明したいっと。

しかし朋也は、そんなバカバカしい事に付き合えるとっと拒否しますが、春原は諦めないんだよなーw

4月26日(土)
今度は、朝練をしていた春原がいました・・・・すげええ・・・w

しかも朋也はバスケするとも一言もいうてないのに、試合は来週の水曜日に決まってしまいました・・w
春原はこれで勝ったらハンデを盾にするな

っと合唱部に言うために試合で勝ってみせる計画みたいですw

でもこちらのメンバーは素人2人・・残り1人を探さないといけません。

幸村先生が候補にあがりましたが、渚と春原にとめられますwそらそうだろw

っで帰り道、寮のまえに1人の女の子が、春原の妹の芽衣発見|´∀`●)

春原と違って、とてもまじめですごいできた子でした

話をして泊まるとこがなかったそうで、芽衣は渚のところにお邪魔することになりますw

4月27日(日)
恋人同士になって初めての休日に、なぜか古河パンで働くことになる朋也・・w

秋生は野球しに外にでていってしまいます・・・おいおいw

なぜか男性客ばかり来店してくるので、おかしいと思い外に出ると

芽衣ちゃんが「かわいい子、いますよー」っと呼び込みをしていました・・w
ただそのおかげか、開店当時以来の売れ行きだったらしいww

4月29日(火)
渚と朋也は、実家のパン屋にパンを買いに行くのですが

また秋生と早苗さんがおもろいことww

秋生 ただな…

秋生 地雷は踏むなよ

渚  地雷ってなんですか

秋生 いや、そりゃぁ…


早苗の焼いたパンのことだぁぁ―――――――!!

それを聞いてしまった早苗さんw

私のパンは地雷だったんですねぇーっ!

っと叫びながら奥にいってしまいますw

口に早苗のパンを咥え、大好きだあああああっと追いかける秋生あんた最高だよw

そしてパンの買い物をすませ、とうとうこの日は芽衣が帰ってしまいます

芽衣ちゃんは渚にべったりくっついてたから別れもさみしいだろうな~(*ノωノ)

4月30日(水)
とうとう試合当日です。メンバーは朋也・春原・智代の3人

智代はいろんな伝説をのこしている人なんですごい戦力になるねw

前半はバスケの補欠組との対決、これがなかなかいい勝負どころか、こっちが勝っちゃってます(*・ω・*)すげえな

そして後半にレギュラー陣がでてきてリードしていた点数が追いつかれ、春原はもう体力なくて使えないときに、上がらない腕で必死にシュートしたボールは、見事にゴールの中に入り

勝利!゚.+:。(*≧∇≦*)゚.+:。

そして春原の部屋で、祝杯をあげる3人、みんなとてもいい笑顔になっていました

渚は、笑えないとずっと思っていたけど、ようやく笑える場所を見つけた。それが朋也の隣でした。

にほんブログ村 ゲームブログへ

テーマ : 美少女ゲーム
ジャンル : ゲーム

PSPクラナド:古河 渚

せっかく作った、部員募集ポスターがすべて剥がされていました・・

どおやら生徒会の仕業のようですが、話にいっても まったく話をきいてくれません・・・

4月22日(火)
春原になぜ手伝ってるのかと聞かれ、朋也は、実家のパン食べ放題ができると嘘をつき

その話に春原も・・w

っでそのときの選択肢が

春原陽平が仲間に加わりたいと申し出てきた、どうしますか?

斬る
盗む
魔法


仲間にする選択肢がないwwww

そこで、ツッコミをいれる春原は さすがですww

そして演劇部を作りために、まず顧問の先生を探すことになり

1年のとき担任だった、幸村先生に話をすることにします。

しかし、仁科という生徒が合唱部を作るために、幸村に顧問をお願いしていたということだったのでした。

でも、諦めずにがんばる渚!

4月23日(水)
翌朝、渚の下駄箱に

『演劇部を作るのを諦めろ』という脅迫文が入っいます。ここで思い浮かぶのが昨日の合唱団の子達

そして春原調べた結果、やはり合唱部のしわざでした・・・・

しかし、脅迫文を書いたのにも、なにか訳があるはずと、合唱部をかばう渚・・・・

春原は納得しませんでしたが、この日は帰ることになります

そして春原の家に朋也1人でまっていると、春原の妹の芽衣ちゃんから電話がかかってきます

朋也は春原になりきり、芽衣ちゃんが土曜日に遊びいくことに、おkを出してしまいますw

そのあと春原が帰ってきて、誰からの電話?ヒントは

ケェーーッ!誰がわかるねんw

4月24日(木)
そして中庭で食事をしていると、あの脅迫文を書いた杉坂がやってき内容を話ます

仁科りえ。彼女は音楽の才能に溢れていた少女だった。ヴァイオリン好きの彼女は、本当は外国の音楽学校へ行く予定だった。しかし、それの夢は、不意の事故によって無残に打ち砕かれた。握力がなくなってしまったのだった…。

 元気を失っていた仁科りえを励ましたのが、あの幸村先生でした。楽器が無くても音楽はできると、歌を勧めてくれたのでした。だから合唱部を作ろうとしたのです。


しかし春原は怒鳴ります。同情するな!そんなハンデで人の同情を誘うのは卑怯だと。

春原も、そして朋也もまた何らかの事情で、将来を期待されていた。しかし、彼女も含め三様の理由で、その道が閉ざされた三人だった。

だから、春原は激しく怒鳴ります。同情するな、と。

痛いほど気持ちが分かる渚。

でもみんな似たような境遇だからこそ、そしてそれを盾にしないからこそ、春原は許せないのだろう。

春原が怒る中、渚は演劇部を諦めてしまいます、、、、仁科の夢をかなえてあげたいからと・・・自分の幸せはいいのかよ・・・・

帰り道、いままでよく頑張ったと声をかける朋也。不器用でも泣き虫でも体は弱くても

しっかり頑張ったと。他人のことを考えてまで・・・・

泣き崩れる渚・・・後ろから朋也は抱き支えてあげます

PSP
そして朋也は渚の好きと言う気持ちを伝えます

朋也:俺たちが恋人同士になったら楽しくないか?

渚:よろしくおねがいしますっと

にほんブログ村 ゲームブログへ

テーマ : 美少女ゲーム
ジャンル : ゲーム

プロフィール

ゾメスケ

Author:ゾメスケ
好きな海外ドラマ
フレンズ ジョーイ LOST プリズンプレイク フルハウス シーバー家

現在プレイしているネットゲーム
ドラゴンクエスト10 

キャラ名:おてんば
オーガ女

好きなキャラクター:ヤザンとラカンダカラン

リンクフリーです^^

Twitter
FC2カウンター
最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
カテゴリー
最近のトラックバック
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

応援おねがいします♪
グーバーウォーク
グリムス
<
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
リンク
FC2ブログランキング
ブログランキングに参加しています よければワンクリックお願いします^^

FC2ブログランキング

フリーバナー
リンクフリーです バナーをお使いください

bana

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。